配慮を持った行動

楽しい空間にする

周りに対して偉そうな行動をしてはいけない

締めるときは締める

出会ったときに相手を楽しませようとアピールをすると思いますが、配慮を持った行動をするようにしましょう。配慮をもった行動と言うのは何でもかんでも楽しければいいやという考えではなくてしっかりと締めるときは締めるといったメリハリが大事と言うことです。

相手のことを気遣ってあげたり相手のことを考えて行動をしたりするのはもちろんのこと楽しければいいや!といって自分勝手な行動をしてはいけません。

社会のルールを守って行動をするのが大切です。例えばドライブデートに出かけるときに法定速度を守らないでスピードを上げて運転をしたりしてアピールをしても相手からしてみれば恐怖のドライブになることは間違いありません。

また信号無視だったり列を割り込んだりして自分勝手な行動をしても相手には何のアピールにもなりません。

キチンとTPOをわきまえた行動をすることが大切です。

周りの人とぶつかって喧嘩になってしまったとか周りに迷惑行為をしても意味がありませんし、相手からしてみれば関わりたくはないと思ってしまいます。

ついつい自分をアピールする時に自分は凄いとかこんなことも出来るだというかっこいいを間違えて認識している人もいます。

それはいけません。社会のルールを守って正しい行いをするようにしましょう。

↑ PAGE TOP