絵文字だらけ

適度に使おう

文章中の絵文字は一回のメールで1・2個ぐらいに抑えよう

感情を表現する程度に

嫌われる人の特徴として絵文字だらけの文章を送ってしまいがちです。特に年配の方が若い人と会話をするときにやってしまいがちなのがこのパターンとして挙げられます。

無理に若い人に合わせようとして絵文字だらけの文章を送ってしまいがちですが、これって送られているほうからしてみればなんだか無理して若作りをしているような感じに捉われてしまいます。

また女性と男性の精神年齢は10歳以上離れていると言われていますよね。女性のほうが年上の男性に憧れるものですが、女性はしっかりとした大人の男性に憧れるものです。

若い人に合わせて無理に絵文字だらけの文章を送らないほうが良いでしょう。

もちろん絵文字を全く使わないと言うのは問題がありますし、相手に冷たい印象を与えてしまいがちですが、文章の半分近くを絵文字で埋めているとなったら見づらいですよね。感情を表すぐらいの絵文字で良いと思います。

女性も同じように絵文字だらけの文章を送ると馬鹿っぽい印象を与えてしまいますので気をつけましょう。

やはりメールで好感度が持てる文章を送るのが一番良いですよね。ギャル文字などを使いすぎて変に軽い女だと思われないようにしましょう。

男性は無理にあわせる必要もないですし、女性も使いすぎてしまうのはマイナス評価を受けてしまうことが多いです。

↑ PAGE TOP