架空請求メール

難しい文章で届く

払わなければいけないと思わせる文章で送ってくる

キチンと調べることが重要

悪徳業者がよく使うサクラメールとしてインターネットに慣れていない人や請求してきたものはつい払ってしまうと言うご年配の方が騙されてしまう架空請求メールです。

メールを見てみると非常に難しい文章が長文で書かれていて普段見慣れていない人からしてみればなんて書いてあるのか全然わからないと言う人もいるでしょう。

いきなりこんな文面でメールが届いてきたら誰だって不安になってしまい払ってしまいたくなる気持ちも分かりますが、それでも本当に払わなければいけないものなのか?

それとも架空の請求メールなのかを確認しなければいけません。本当に支払わなければいけないもの場合は何度も請求がきますが、架空請求メールの場合はそう何度も連続で来るものではありませんから分からない場合は様子を見るのも一つの手です。

また請求が滞っている場合は書面で届くようになりますからそれまで待ってもいいと思います。

どうしても不安だと思うのであれば届いたメールの文末に請求先の情報が記載されていると思います。それをインターネットで検索をしてみると大体は悪徳業者のサクラメールですので支払ってはいけないと言うことが書かれていると思います。

1人では判断できないと言うのであれば生活消費者センターなどに電話をして確認を取ってみましょう。

架空請求メールで支払ってしまったらそれから先何度もメールが届くようになりますので気をつけましょう。

↑ PAGE TOP