謙虚な姿勢

相手を敬う

気持ちが態度や行動となって表れるもの

相手を優先する

出会った相手に対して横柄な態度だったり、自分勝手な行動をしても好意を持たれることはありませんよね。そんなことをするよりも謙虚な姿勢で接することが大切です。

相手だけではなくて周りに対しても配慮を持つことが大切です。例えば料理が届いた時に店員さんに対して偉そうな態度をとったりしても相手は好感度が下がりますよね。

相手が下の立場になった瞬間に偉そうな態度をとるのは普段から自分が下の立場だから下を作って満足をしていると思ってしまいます。

どんな相手だろうと常に謙虚な姿勢で対応をすることが大切です。そういった行動をすることで器の大きい人だと思ってくれます。

人は普段から社交辞令で行動をしますよね。どれが本質なのかを人は見抜こうとします。

相手がミスをした時の対応で本性をあらわにする人って結構いると思います。

そういったときに許す気持ちを持った器の大きい人かどうかをアピールすることが大切です。相手のミスを許す余裕を持つようにしましょう。

相手に自分をアピールをすることも大切ですが、大事なのは相手に対して謙虚で低姿勢で相手を褒めるぐらいの対応をしてあげるようにしましょう。

そうすることで相手と距離を縮め行くようにしましょう。自分のアピール方法を間違えてしまうと距離が広がってしまいます。

↑ PAGE TOP